京都市下京区四条烏丸・四条大宮の歯医者さん(歯科医院)・とみい歯科クリニックのホームページです。

インプラント

一度失った歯を取り戻す、第三の永久歯といわれているインプラント治療ですが、歯科医師なら誰でもできる治療法ではありません。当院では、経験と実績に基づいたインプラント治療を提供します。

そして、一度入れたインプラントを長く使っていただけるように、当院の予防プログラムでしっかりサポートいたします。

チタン性のネジ
インプラントって何?

通常、歯周病や虫歯などで歯を失うと、失った歯の両隣の歯を橋渡ししてブリッジにしたり、取り外し式の入れ歯を作ったりしますが、このような方法では残っている歯に負担をかけてしまうことが少なくありません。

そこで、残っている歯に負担をかけることなく新たな歯を入れる方法がインプランと治療です。
コンピュータ上でインプラント埋入位置をシミュレーションします。3次元的に診断することでより安全な治療計画が立案可能です。

世界でiCATが初めて可能にした「インプラント断面」。
隣在歯との関係や傾斜状態を精度高く把握でき、さらにCT値表示によりドリル方向に沿った骨質診断も可能です。

世界でiCATが初めて可能にした「インプラント断面」。

どんな治療をするのか
実際に行う処置は、骨の中にチタン性のネジを埋め込み、その上に歯の形を作ります。
シュミレーション結果を反映したガイド、ドリル、顎模型を作成します。

どんな方にオススメなのか
歯を失った際に、入れ歯やブリッジではどうしても違和感が強くなじめない方や、残っている歯に負担をかけず末永くつかえるよう予防を重視する方におすすめです。
治療前と治療後

インプラント治療の方針

インプラント治療にも良い点と悪い点があり、歯周病が重度の方、糖尿病などリスクの高い方には基本的におすすめしません。

10年保証制度があり、その間のメンテナンスをしっかりしていきます。
10年間を一つの区切りとしますが、インプラント治療は20年から30年もつことも世界的なデータがありますので、その後もメンテナンスに力を入れていきます。


実際にインプラントの治療を受けた患者様のお声


患者様 上福元節子様

昔から歯にはかなり悩まされており、歯を抜いたまま長い間放置している部分があり、ものが噛めず何とかしたいと思っておりました。

そんな時、とみい先生に出会い、はじめは保険の入れ歯をすすめられたので作ってもらいましたが、入れ歯は生まれて初めてだったので、口の中に異物があるのは違和感があって食事のとき意外はついはずしておりました。


そこで、先生に相談したところ、入れ歯の様に取り外し式でない「インプラント治療」を紹介され不安もありましたが、意を決してお願いしました。


インプラントの土台を入れる治療後、3ヶ月してから、歯の形をしたものを入れてもらいましたが、今では自分の歯のようになんでも噛めてとても感謝!しています。


そして、これは余談ですが奥歯がしっかり噛めるのでゴルフの飛距離もちょっと伸びたような気がします(笑) 本当にありがとうございました。

インプラントは適切に手入れすることによって生涯使用することが可能です。
Q 治療期間はどのくらいかかりますか?
A 治癒期間は3-6ヶ月ですが、症例によってはそれより短い場合もあります(骨質とインプラントの位置などの要素によります)。
Q 他の歯は温存できますか?
A はい、デンタルインプラントを使えば、失った歯を修復するために健康な歯を犠牲にする必要はありません。 術前→術中→術後
Q 治療には何回通院しなければなりませんか?
A 状態にもよりますが、6~8回の通院がかなり一般的です。
Q どのくらい仕事を休まなければなりませんか?
A ほとんどの人が次の日に出勤できます。
お問い合わせもお気軽にどうぞ!