詰め物の変更

詰め物が取れた

詰め物が取れたという方はとても多くいらっしゃいます。経年劣化による場合もありますが、多くは合わない詰め物を使っていたというケースです。当院は事前にきちんとお口のなかを調査してフィットする詰め物をつくりますので、ご安心ください。

銀歯からセラミックへの変更

セラミックの詰め物は美観性、安全性、機能性、治療の手軽さにおいて銀歯よりも多くのメリットがあり、当院でも変更される患者様が多くいらっしゃいます。

セラミックは透明感のある素材なので美観性がとても高く、天然の歯のような自然で美しい白さを出すことができます。また、周りの歯と違和感のない自然な仕上がりにすることができるので、銀歯の詰め物のように口を開けた時や笑った時に目立ってしまうこともありません。更に、セラミックは変色しにくく白さを長くキープできることもメリットです。

最善の方法を

ご注意いただきたい部分は、歯周病が進行している場合はそちらの治療を行う場合があります。その理由は歯周病を放置してセラミックの歯を入れたとしても、歯周病が進行することでセラミックの歯を入れ直す必要が出てくる恐れがあるためです。

また、最悪の場合は抜歯となってしまうこともあり、長期的に見て一番良い方法をご提案していますので、まずはお気軽にご相談ください。