3DCTによる立体的な検査と診断

3Dで更に詳細に知ることができます

安全、安心で正確な治療のために、歯科用CT装置を導入しております。これまでの2次元のレントゲンとは大きく違い、3次元(3D)である為、今まで見えなかった部分が精密・立体的に見えるようになります。

3方向から見ることで、今まで発見できなかった病巣や解剖形態を的確に把握でき、さらに精度・質の高い診断が可能になりました。インプラント、矯正、抜歯など、幅広い治療での応用ができますので、治療の安全性を飛躍的に高めます。

CTの普及は歯科医院全体の数パーセントと言われています。歯科医院におけるCT導入は、治療全体の安全性や診断の幅を広げる重要な役割を担っており、CTを導入しているかどうかは歯科医院を選ぶ基準の一つとなるといっても過言ではありません。

患者様の負担を軽減

従来のレントゲン撮影では、平面撮影であった為、様々な角度から何度も撮影を行わなければならなかったのに対し、一度の撮影でさまざまな角度や位置の情報を取得できる為、患者様への診療時間短縮・診察時のご負担軽減が期待できます。

また、3D画像の立体的な画像により、直感的で目で見て分かりやすい説明ができるので、患者様からも好評いただいています。