被せもの

詰めものとの違い

詰めもの(インレー)は、軽度の虫歯の治療に使われます。虫歯になった部分を削り、削った箇所に詰めるものが詰めものです。被せもの(クラウン)は、虫歯の程度が大きくかつインレーでは補いきれない場合の治療に使用されます。

虫歯を削った後、人工の歯として被せるものが、被せもの(クラウン)です。虫歯の程度や進行度によって、詰めものか被せもののどちらで治療するかが決まります。

様々な種類の被せもの

被せものを選ぶうえで大切なのが、自分が何を基準に被せものを選ぶかを明確にすることです。歯の被せものには、大変たくさんの種類が存在します。合っている詰め物は何か?

料金や見た目、素材はもちろん、機能性など、様々な要素が存在するため、医師と相談しながら進めていきましょう。