歯石除去

なぜ歯石を取らないといけないのか

歯石は歯周病の大きな原因の一つとして挙げられます。歯石自体はプラークが石灰化したものなので、歯周組織とよばれる歯肉や歯を支えている骨への直接の影響はプラークの様に大きくはありません。

しかし、歯石の中に潜む細菌が毒素を出すことにより、歯肉が腫れ、歯の周りの骨を溶かす歯周病を引き起こすため、除去する必要があります。

定期的に歯石を取るメリット

歯石の上に付いた歯垢は歯磨きで落としにくく停滞しやすいため、溜まった歯垢が発酵しガスを発生することにより口臭を引き起こしますが、定期的に歯石を取る事で、口臭予防へと繋がります。

また、歯周病になると歯ぐきが腫れを起こし、歯周ポケットと呼ばれる溝が形成されるため更に汚れが溜まりやすい環境となってしまいます。歯周病を予防するには定期的に歯石を取ることが重要となります。

歯周病菌が血管を介して全身に巡り病気を引き起こすと言われています。その細菌の住みかをお口の中に作らないようにする為にも定期的に歯石を取る事がとても大切です。