トリートメント(歯質強化)

虫歯になる仕組みの原因

歯の表面では酸によりエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液が歯のミネラルを補給する「再石灰化」という自然の修復メカニズムが毎日繰り返されています。

このバランスが崩れて、脱灰の方に傾くと、再石灰化が追い付けなくなり、虫歯になってしまいます。

痛くもなく、治療が早い

歯を強化する歯質強化治療は痛くなく麻酔も必要ありません。高温の光球体の熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に軽く麻痺させる働きがあるので、歯質強化治療では麻酔をしなくても痛くなく行えます。その為、乳歯のお子様にも問題なく施術することが可能です。

また、治療も早く上下の歯全体を歯質強化した場合も、30分程の時間で完了します。