レーザー治療

不快感や痛みから開放

虫歯治療に適したレーザーでは、従来の治療で使用する機器とは全く異なり、歯を削るときの振動や削る音が無いので少量の麻酔を使用するか、麻酔を使わずに治療することが可能です。

出血を抑えることが可能

歯茎や粘膜の治療で行われる歯茎の切開では、出血がほとんど抑えられるため、治療部位がしっかりと確認でき、正確な治療が期待できます。また、レーザー照射したことにより、術後の出血のリスクを低くすることもできます。

歯茎に炎症を起こしている場合には、該当組織を高温で蒸発させて取り除いたり、緩和させることができるため、腫れや痛みを和らげる効果もあります。