歯根治療

歯根治療(根管治療)で歯を残す

虫歯の進行で神経まで進行してしまった場合、従来では抜歯をする場合が多くありましたが、歯を抜いてしまうと歯並びの乱れやかみ合わせなど、他の歯への影響も懸念されました。

そこで、自分の歯をできる限り残すことを考えた治療「根管治療」が近年一般化してきています。

進行した虫歯は根から治します

歯根治療(根管治療)は、歯根の中を通る根管の中から、神経や血管をきれいに取り除き、根管内を洗浄・殺菌して薬剤を入れる治療です。

この根管治療は、肉眼では見えない繊細な部分の治療のため高度な技術が必要ですが、これを確実に行うことによって自身の歯を残し、長く使うことが可能になります。