親知らず治療

親知らずの放置にご注意

親知らずは歯並びの一番奥にはえてくるため、歯ブラシが届きにくく、親知らずの周りの歯ぐきに炎症を起こすことが多くあります。親知らずが原因の炎症は重篤な症状をおこしやすく、あごの周囲に広がることがあり、とくに下あごの親知らずでは口が開きずらくなる場合もあります。

また、親知らずは斜めにはえたりすることが多く、親知らずばかりか、隣の正常に生えている奥歯を虫歯や歯周病にすることがあるので、虫歯じゃないから大丈夫と放置してしまうのは問題です。

親知らずの抜歯時の痛み

「親知らずの抜歯は痛い」というイメージがあると思いますが、実際は抜歯の際には麻酔が効いていますので痛みを感じることは殆どありません。当院では麻酔自体も痛みを感じさせない工夫をしておりますのでご安心ください。

痛みを感じるというのは麻酔が切れてからのことです。歯に関わらず傷口ですから痛むのは仕方のないことなのですが、痛みを感じる前に処方薬を飲んでいただくことで、術後の痛みも可能な限り抑えることができます。